架空の箱庭療法#3

hakoniwa_omote_p1

◎ 展示タイトル
架空の箱庭療法#3

◎ 展示概要
『予告編しか見せてあげない。』
舞台模型と舞台写真で再現する《実在しない演劇作品のカタログ展》
3年ぶりの、3回め。

展示観覧のみ:無料(予約不要)
部分上演:500円(前売当日同額)
部分上演・パンフレット付(要予約):800円

【部分上演とは?】
展示されている「架空の演劇」の「架空のワンシーン」を、役者が即興で再現します。
4月29日(水)16:30/18:00 プログラムA『洗い晒しの平凡』
4月30日(木)13:30/15:00 プログラムB『アポトーシス』
4月30日(木)16:30/18:00 プログラムC『町は静かになりたかった』
5月1日(金)13:30/15:00 プログラムD『絶対安全狼男』
5月1日(金)16:30/18:00 プログラムE『夜を通る』
5月2日(土)13:30/15:00 プログラムF『砂の上の湿った火薬』
5月2日(土)16:30/18:00 プログラムG『あたらしい部屋』
5月3日(日)13:30/15:00 プログラムH『無産市民のお茶会』
(上演時間はそれぞれ約10分程度です。上演中は展示観覧のみのお客様はお入りいただけない場合がございます)

◎ 作家プロフィール:
辻本直樹 1980年12月22日生、奈良県出身。小劇場の“イレギュラー系”スタッフを標榜し、多くの劇団に小道具や美術を提供する傍ら、自らも企画展を開催するなど多岐にわたる活動を展開。さまざまなアイデアを駆使し、観客の想像力に訴えかける手法を得意とする。

◎ 関連ホームページ
http://nichecraft.org/page/news/3596

◎ 日時・場所
期間:2015.04.29 〜 2015.05.03
時間:12:00~19:00 (最終日は17:00まで)
場所:gallery re:tail
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション103
0422-26-9874