細木康平・KAKITAROS 2人展

r120725_main

タイトル
細木康平・KAKITAROS 2人展

日時・場所
期間:2012.07.25(水)~07.30(月)
時間:12:00〜19:00 (最終日は18:00まで)
場所:百想
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-9 ,2F
0422-26-9874

展示概要
細木康平、KAKITAROS による新しい仏画とペーパーアクションフィギュアの展示

作家プロフィール
細木康平
土佐の高知の絵描き・グラフィックデザイナー
1988年生まれ、高知県室戸市出身。
幼少期より吃音に悩むが、絵画やグラフィックデザインに自己表現の場を見出す。
2009年、専門学校のグラフィックデザイン科卒業。
同年4月に上京。広告制作・グラフィックデザインの仕事をしながら、フリーとしても、デザイン・絵画・キャラクターの制作・個展・グループ展での発表などで活動中。
また、ライフワークとして、仏教美術に着想を得た
オリジナルの「ネオ仏画」の制作にはげむ。
facebook: http://www.facebook.com/konpeikonpei

<主な制作歴>
「土佐・龍馬であい博」イメージキャラクター採用
「志国高知・龍馬ふるさと博」追加新キャラ制作ほか


KAKITAROS (カキタロス)
ペーパーアクションフィギュア作家
1992年生まれ。東京都出身。
カミロボに憧れを持ち、自分流に試行錯誤を重ね、ペーパーアクションフィギュアと言うジャンルを作りあげている。
フィギュアの素材は厚紙と針金と遊び心。
アートチーム「The future」所属・元リーダー。
今は離れ、一人でアートクリエイターとして活動中。

<展示経歴>
2010年 ギャラリーコエグジスト・アンデパンダン展
2011年 ギャラリーオノマトペ個展