2017年の展示アーカイブ

2017.11.15(水) 〜 2017.11.19(日)  

MIMONO2

YOUKO KUROKI EXIHIBITION “AMIMONO2″を開催いたします。
絵画の色彩や構図をヒントに制作した、手編みのセーターや帽子を、展示販売いたします。
イタリアのクローサ社のメリノウール、英国のローワン社のツイード、ペルーのアルパカなど色々使って編みました。

 

2017.11.28(火) 〜 2017.12.03(日)  

-element-‥flow-er

-element-をテーマに制作しています。
今回のサブタイトルは‥flow-erです。flow~生じる~elementとしてのflowerをイメージしています。
flowは流れでもあり、他の要素、水・風・光などにも繋がっていきました。

 

2017.12.08(金) 〜 2017.12.10(日)  

1/絵布(f)ゆらぎ展

女子美術短期大学 造形科で <出会い><学び><遊び> そして卒業…。
それぞれの“道”を歩み 久しぶりの再会の中、自分達が一番ここち良い表現方法で、それぞれの“今”を作りました。
2017年 冬 5人+αの<1/絵布 ゆらぎ展> 始まりです。

 

2017.11.21(火) 〜 2017.11.26(日)  

tsutaeのストール展「Borderless」

2017年新作の大判ストールをメインに、手織り作品の展示販売を行います。
ストールは日常に使いやすいサイズ、質感、量感を意識して制作しています。
当たり前のことを、当たり前に。
普段使っている手織機と共に、作家本人が全日在廊いたします。

 

2017.11.21(火) 〜 2017.11.26(日)  

ヒツジの冒険

主にウールによる表現を行うメンバーが さらなる冒険を求めて今年もre:tailに集います。
ヒツジ愛があふれる作品の数々をお楽しみください。
毛糸や羊毛で楽しむWSも連日オープンします。

 

2017.11.08(水) 〜 2017.11.19(日)  

Mermaids in midnight

くろださくらこ写真展
“Mermaids in midnight”
「 真夜中の人魚達 」
女性の性に込められた神秘は
その女性の社会性がどれだけ男性的であっても
身体の中に隠しきれない。

 

2017.10.17(火) 〜 2017.10.22(日)  

空気の底

壁の染み 錆びた鉄 浜辺の漂流物。
時間の蓄積は そこにあるものを風化させる。
今回の二人展では、そんな退廃的な美しさを陶芸作品で表現しています。

 

2017.10.23(月) 〜 2017.10.29(日)  

収穫祭

さまざまなジャンルの作家5名で構成されたユニット『やまセンター』のグループ展です。
絵画、イラスト、雑貨、造形、音楽など、それぞれのオリジナリティあふれる作品が、不思議な一体感を生み出します。
今回は『収穫祭』。タイトルにふさわしいにぎやかで温かみのある空間を、ぜひご堪能ください。

 

2017.10.30(月) 〜 2017.11.05(日)  

星筏

芦屋マキ 、水無月 宙 二人展
キラキラした宇宙や星空をたくさん飾ります。
水彩原画の展示です。
「宇宙を、味付けしよう。」

 

2017.10.03(火) 〜 2017.10.08(日)  

おとぎばなし展

東洋美術学校夜間イラストレーション科卒業生による、グループ展です。
『童話』をテーマに、個性豊かな13人の作家によるイラスト作品を展示します。
グッズ販売もございます。

 

2017.10.09(月) 〜 2017.10.15(日)  

魔女は9回呪文を唱える

シライシユウコ / イラストレーター9周年企画展。
お仕事で描かせて頂いた装画イラストレーション、過去9年の作品から1年に1作ずつピックアップし展示。
『魔女は9回呪文を唱える』という創作絵本を展示。

 

2017.10.17(火) 〜 2017.10.22(日)  

青木さんと三浦さん展

同じ美術研究所にて絵を学び、それぞれの創作活動に刺激を受けながら作品を作り続けてきました。
初めての二人展です。

 

2017.10.26(木) 〜 2017.10.29(日)  

草木染めうさとの服展示販売会

“うさぶろうさとう”のコレクション展示販売会。
タイ・チェンマイを拠点に製作している”うさと”の服。
布はタイ東北部、北タイ、ラオスの農村で村の女性たちを中心に織られ、素材は、綿(cotton)大麻(hemp)絹(silk)の三種類でそのほとんどは手紡ぎ、天然染め、手織りされている。

 

2017.11.01(水) 〜 2017.11.06(月)  

日常を染める

日々と空想の世界を透明水彩で描いております。
作家活動の原点から現在までに至る、幅広い作品が並びます。
原画やグッズの販売もございます。

 

2017.11.08(水) 〜 2017.11.12(日)  

2018_SS PANHEM

2018年春夏向け婦人服の展示受注会
大切にながく着られる服を一点ずつセミオーダーで仕立てます。
サンプルを着て、合わせて、ご注文から納品まで3ヶ月ほどのお時間をいただいております。