2018年の展示アーカイブ

2018.10.03(水) 〜 2018.10.07(日)  

手作りドールのある暮らし - i r o d o r i –

4人の作家がドールを中心にハンドメイド作品や素材の展示販売をします。ワークショップもご用意して、みなさまのご来場をお待ちしています。

 

2018.11.27(火) 〜 2018.12.02(日)  

Sorrows

作家『machina』の初個展です。
透明水彩やアクリルガッシュなどを用いたアナログ原画の展示・販売。画集やグッズもございます。

 

2018.08.21(火) 〜 2018.08.26(日)  

AdrianaBoutique pop up store

AdrianaBoutique pop up store のお知らせです。フランス製インポートアパレルの新作とパリで買い付けたヴィンテージボタンを使用したハンドメイドジュエリー、ギリシャの島で運命的に出逢ったキラキラ輝く天然石のジュエリーなど展開。

 

2018.08.28(火) 〜 2018.09.02(日)  

加藤潤子絵本展「Waiter and Waitress」

「まつひと」をテーマに、こどものための絵本の習作を展示いたします。つかえる仕事-注意深くあること-準備すること-待つこと-それはきっと happiness!新刊絵本「くりすます」もご用意して、皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。

 

2018.08.02(木) 〜 2018.08.05(日)  

NAME

写真展

 

2018.07.11(水) 〜 2018.07.16(月)  

猫とアリスのお茶会展

chita*coppe と ナカヤトモユキの二人展
40点以上の作品が並びます。

 

2018.06.26(火) 〜 2018.07.01(日)  

AdrianaBoutique pop up store

フランスを中心とした個性豊かなインポートアパレルと、パリで買い付けたヴィンテージボタンを使用したヴィンテージハンドメイドジュエリー/ギリシャの島で運命的に出会った旅に出かけたくなるような天然石のジュエリーも2017年より展開しております。

 

2018.07.17(火) 〜 2018.07.22(日)  

Myookoo展

Myookoo(ミョーコー)と申します。齢40になります。人生も後半戦に入る今、これまで思いのつくまま、気の向くままに作ってきた作品を並べ、自分を整理しようというのが今回のテーマです。

 

2018.06.13(水) 〜 2018.06.17(日)  

2018_19 AW PANHEM

2018-19 AW 婦人服 展示受注会
大切にながく着られる服を一点ずつパターンオーダーで仕立てます。サンプルを着て、合わせて、ご注文をいただいてから製作します。*お届けまでの期間はアイテムにより異なります。

 

2018.07.24(火) 〜 2018.07.29(日)  

July Mermaid

3人の作家による絵の展示販売と雑貨屋さん。人魚テーマの作品をメインに新作のイラストグッズやアクセサリーを沢山ご用意してお待ちしております。

 

2018.06.07(木) 〜 2018.06.10(日)  

trikotri EXHIBITION AND WORKSHOP vol.2

著書『犬ぽんぽん』『猫ぽんぽん』に掲載の作品約70点と写真を展示いたします。ワークショップ(事前受付)や作品の展示販売、関連商品の販売も行います。

 

2018.07.03(火) 〜 2018.07.08(日)  

ライフスタジオ所沢店 写真展 ー Prove Our Photophilosophy ー

ライフスタジオの写真の基準は「人」。 ライフスタジオの写真の核心は「関係性」。 その人の美しさを顕す写真。私たちが常々目指しているものです。

 

2018.05.16(水) 〜 2018.05.20(日)  

Framed Quilt exhibition

9th Atelier Amies Framed Quilt 展
生地の色の明度差によって現れる光と影をテーマに、パッチワーク・刺繍・ビーズ等の手法で表現した額装されたキルト展です。

 

2018.05.08(火) 〜 2018.05.13(日)  

二毛作

小泉聡子(リトグラフ) 早川佳歩(インスタレーション、銅版画)*会期中に展示の入れ替えをおこないます。そのため、開催時間が変則的になる日がありますので、注意ください。前期:5月8日〜5月10、後期:5月11日〜5月13日

 

2018.06.26(火) 〜 2018.07.01(日)  

回帰線 - 隔て繋ぐもの -

「世界は分断から統合へ、排除から寛容に。アートもエロスも回帰線を超え結ばれていく。 有末剛」緊縛師・有末 剛 / 彼の縄は、愛である。そして、女が内側に隠し持つエロスを引き出す。